Hakuto-日記

定年後を楽しく、生きたい人生を生きる!

余暇・お金-俳句について

俳句結社主催の月例句会に初参加 【生田緑地を吟行(散策)する】

俳句結社主催の月例句会に初めて参加した。 今終わってどっと疲れが出ている。 結構歩いた(9000歩くらい)こともあるけれど、俳句上級者ばかりが集まるので緊張したためだ。 名前の発声はなんとかかなったけれど、実力のなさをしっかりと噛み締めている。 今…

初雪残る晴天の初句会 【師を偲びながら】

今年もまた句会を開くことができた。 今年初めての句会、「初句会」だ。 昨年恩師が亡くなって初めての初句会でもある。 一昨日大雪に見舞われて名残りのあるなか、空澄み渡る天気になった。 再びコロナ感染が広がる中でいつまた開けなくなるかもしれないと…

梅は香、桜は散っていく様

俳句の心は、「梅は香がいのち、桜は散って行く様」というもの。 そのことを俳句結社「花鳥」の坊城俊樹主宰がラジオで語っていました。 このテーマについて、今回はエッセイ風にまとめて見ました。