Hakuto-日記

定年後を楽しく、生きたい人生を生きる!

重い荷物を楽に持ち上げるには 【古武術の体の使い方】

歳をとると筋力が落ちますよね。 いやいや、それは言い訳です。 歳を取っても筋肉をつけることはできるそうです。 だから、日頃から鍛えている人からは「そんなことないよ」という声が聞こえてきそうです。 さて、最近の引っ越しは引っ越し業者に全ておまか…

りりィの遺作『彼らが本気で編むときは、』を観て

りりィが亡くなったのは2016年11月。 そんなりりィの歌声が聴きたくなってYouTubeでライブ動画を楽しみました。 たっぷり歌を楽しんで、それからどうして亡くなったのかを調べるためにウィキペディアを開いてみました。 亡くなったのは肺がんということでし…

1年の振り返り ちょっと一休み

今年も残すところあとわずかになりました。 今日は一年を振り返ります。

記憶はウソをつく 真実は藪の中

水かけ論ってありますよね。 職場などではよくあるのではないでしょうか。 実際、言ったことをよく忘れてトラブルを起こす人もいます。 けれど、証拠を残しておかないと最後は力関係がものをいったりして、やるせない思いをすることもあります。 今回は、記…

そんなとき上司のあなたはどうしますか? 【ゲーム】

あの人と話しをしているといつもイライラさせられる。 最後はいつも口論になる。 そんな上司や部下はいませんか。 助言を求めてきたからいろいろ考えて言ってやっているのにいつも「はい、でも」といって否定する部下や同僚。 それはゲームです。 いつのまに…

俳句の一歩 (「伝統俳句協会」俳句入門講座の「守る」と「切る」)

伝統俳句協会のホームページでは、俳句入門講座というページがあります。 そこでは、守る、切る、写す、省く、練る、吟う(うたう)、跳ぶ、集うの8つに分けて解説をしています。 今回は、その中の初めの2つ、「守る」と「切る」についてとりあげたいと思…

サイクリストに必要なのはIAP呼吸法

サイクリストにとって姿勢を維持することは、大切なことです。 姿勢が崩れると正しいペダリングを行うことができなくなります。 よく、「腹を入れろ」などといわれますが、それはどういうことでしょうか。 なかなか分かりにくいですね。 数年前に『スタンフ…

喜びばかりでは成長できない 映画『インサイド・ヘッド』を観る

先日、交流分析では4つの本物感情について書きました。 本物感情とは、「喜び」「怒り」「悲しみ」「怯え」です。 この感情をテーマにした子供向けの映画『インサイド・ヘッド』を観ました。 この映画では、ヨロコビ、イカリ、カナシミ、ビビリ、ムカムカの…

60歳になったら体から腸内細菌のビフィズス菌が消える?

ビフィズス菌は体にいいそうだ。 だから毎日ヨーグルトを食べている、という方は多いのではないでしょうか。 これまでわたしも毎日食べていました。 では、なぜビフィズス菌は体にいのでしょうか。 医師の田中保郎氏の書いた『驚異の腸内フローラ』よりその…

里山を歩いて見つけたもの 【棚田の復元】

昨日、里山の麓まで自転車で行き、ぷらぷらと歩いてみました。 天気は良かったのですが、寒ーい一日でした。 日本海側の北陸から東北にかけてはかなりの雪が降ったとの報道がありました。 みなさんの住んでいるところは大丈夫でしたか。 関東は、冬は天気の…

4つの本物の感情をうまく使いこなそう

ひとには様々な感情があります。 うれしい、悲しい、楽しい、つらい、怖い、怒りなど。 ところがこういった感情をうまく表せないひとがいます。 このように言っているわたしもその一人です。 心理学の交流分析では4つの本物感情という考え方があります。 そ…

キャンプでつかうアルミ鍋 アルツハイマー病に関連はあるのか?

先日、アルミの熱伝導率が高いので焦げ付きにくい理由をを書きました。 キャンプ用のクッカーってアルミが多いですよね。 そう言えば昔騒いだアルミニウムとアルツハイマー病との因果関係はどうなったのでしょう。 調べてみた結果は、どちらの主張も正確性に…

レッグウォーマーのずり落ち防止に使えるスベリ止剤

レッグウォーマーやアームウォーマーって便利ですよね。 もう、これだけ寒くなると出番が無くなりますが、昼間暖かく、朝夕が冷える頃はとても助かります。 朝夕のみ付けて、昼間ははずすことができて、春先や秋ぐちにとても重宝します。 たためば小さくコン…

ゆっくりやると幸せを感じられるわけ

毎日忙しくて落ち着かない。 気持ちが忙しなく、何かに追い立てられているようだ。 ゆっくりしている暇がない。 ただ日々単調な業務をこなしているだけで達成感がない。 毎日同じことの繰り返しで生きる張りあいが感じられない。 こんな状態から早く抜け出し…

大丈夫、もうすでに嫌われているから 【こんまり流ときめき思考法】

4、50代のサラリーマンの方々の多くは、たくさんのストレスを抱えて仕事をしていることと思います。 また、家での息抜きは休日のサイクリング程度かもしれません。そのサイクリングさえできないこともあるでしょう。 それは、ストレスを感じているのは自分だ…