Hakuto-日記

定年後を楽しく、生きたい人生を生きる!

ソロキャンプで便利なLEDランタン モバイルバッテリーにもなる

 

f:id:Hakuto-MA:20201108212206p:plain

 

ソロキャンプに持っていくライトで悩んだらこれ!

 

ライトはいくつかあると便利ですが、このライトが1つあるととても便利です。

 

それはLEDランタンと呼ばれるライトです。

 

自転車でのソロキャンプで大活躍したのでそんな話をしてみたいと思います。

 
【目次】
 

LEDランタンの使えるところ

 
火を使わないので安心なのはもちろん
 
フックがついているのでぶら下げたり、マグネットでくっつけたりできます。
 
そして明るさが調整できてとても長持ち。
 
特に便利なのがモバイルバッテリーとして使うことができること!
 
つまり、専用のモバイルバッテリーは1つあれば十分です。
 
 
 

自転車旅で使った感想

 
わたしの持っていったものは、明るさが3段階ありましたが、一番明るいのはほとんど使いませんでした。
 
外で使うときも2段目の明るさ。
テントの中では一番暗い3段目の明るさで十分。それでちょうどいいくらい。
だからバッテリーが非常に長持ちしました。
 
テントの中で使うときは、フックを使いテントについていたリングに引っ掛けてぶら下げました。
 
また、それほどバッテリーを食うわけではないのですが、用事が済んだら消すようにしていまいした。
 
ほかにローソクのランタンを持っていったので、ちょっと気分を出したい時に使用。けれどあまり使いませんでした。外に街灯があると、その明かりがテントの中にまで差し込んで、真っ暗闇になることはなかったからです。
 
このほか、枕元にミニマグライトという小型の懐中電灯を置いておき、夜中にトイレに起きる時に使っていました。
 
このミニマグライトは昔人気があったもので、普通の電球(といっても小さな特殊なものですが)を使うもので、あまり明るくはありません。
 
 
逆にあまり明るすぎると、明かりが当たっていない外側が真っ暗で何も見えなくなりますよね。それに闇に目が慣れているところにあまり明るいライトを照らすと眩しくて目がくらみます。
 
外の東屋などで使うときは、マグネットも結構強力なので鉄骨の部分にくっつけて使ったこともありました。
 
また、マグネットが使えないときは、コンビニの袋に入れて吊り下げて使ったこともあります。鍋の中が見たいですからね。できるだけ高いところにつけました。
 
そしてモバイルバッテリーとしても活躍してくれました。
 
自転車で移動している間、スマホは常時ナビを使っていました。
スマホのバッテリーだけでは1日持たないので、モバイルバッテリー(10000mAh)を繋いでいました。
 
キャンプが続いてずっと充電できないでいると、モバイルバッテリーもたいてい3日目の4時頃には使い果たすことになりました。目的地まであと少しというところです。そんなとき、このLEDランタンに繋いでセーフということが度々ありました。
 
まさに救世主です。
 
 

同じような製品がいっぱい

 
わたしのおすすめするLEDランタンは、ほぼ同じような製品が売られていて性能はどれも似たり寄ったりです。
 
どれを買ってもあまり変わらないと思います。
ちなみに、わたしの所有しているLEDランタンのアマゾンサイトに書いてある製品概要から特徴だけを抜き出すと
 

【USB充電式6400mAhランタン】

6400mAh超大容量リチウムバッテリー内蔵で(2A出力・2A入力)、満電状態では【最弱輝度で288時間まで】連続点灯可能です。モバイルバッテリー役目機能としてiPhone X&iPhone 7/8 Plusに約2~3回充電できます。


【マグネット式LEDランタン&吊り下げフック】

内蔵のマグネット(磁石)、フック式固定


【アウトドアに対応するIP65防塵防水ランタン】

IP65等級防水防塵認証済み、外殻は合成ゴムで耐衝撃性、耐熱性、耐久性に優れていて、使用寿命50,000時間以上


【長時間5つ点灯モード】

360゜より広い発光。3段階高輝度の明るさ、ラッシュやSOS点滅モード(救援を呼ぶ時に)も搭載

 

【小型&携帯型USBランタン充電式】

6×8cm、180g

 

となっています。

ただ、欲を言えば、もう少し小さいと助かるなあというのが正直な気持ちです。

 

 
 
 
 
 

まとめ

 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
ソロキャンパーの強い味方であることがわかっていただけたでしょうか。
 
バッテリー残量も青いランプの数でわかるので便利ですよ。
 
ほんと便利なものができたなーと思う次第です。
 
 
では、このへんで
 
 

広告