Hakuto-日記

定年後を楽しく、生きたい人生を生きる!

旅の装備

定年おじさんが何をバカなことを考えてるの!

って言われないように、慎重にかつ周到に準備を行いました。

周りの仲間からはあまり批判的な言葉は聞かれず、ほっとしました。

やる気を削がれるのが一番怖いですからね。

 

旅の道具ー自転車

さて、旅の装備についてご紹介します。

はじめての自転車旅にあたっては、ヨネスケさんのブログ

【保存版】自転車日本一周旅行に必要な予算・装備・持ち物とは?旅に必要な全知識

を参考にさせていただきました。

 

自転車は30年位前のMTBでジャイアントのHardline 7700という26インチのやつです。

タイヤはオンロード用のもの(すでに何年も前から変えている)で1.5から少し太めの1.75サイズに交換。みなさんシュワルベのマラソンが最強と言っているのですが、悩んだ末、以前から使って信頼感のあるパナソニック・リブモPTにしました。

これにフェンダーをアマゾンで購入し、ドリルで穴あけしてL字金具で取り付けました。

ちなみにハンドルは以前にドロップ化しています。

 

サイクルバック 

サイクルバック(パニアバッグ)は前後ともオルトリーブで揃え、キャリアをつけて装着。ついでにハンドルに取り付けるフロントバッグもオルトリーブで、これはキャリア不要でワンタッチで取り付けができ、とても便利です。

オルトリーブは他の方々が書いているように抜群の防水性をほこります。そして丈夫です。他のメーカーのものは知りませんが、オルトリーブを選んでおいてよかったと思っています。

 

このほか、テントやマットを入れる防水のバッグ(バイクツーリング用?)を用意しました。

 

f:id:Hakuto-MA:20190910142953p:plain

ORTLIEB(オルトリーブ) バックローラー クラシック ブラック 40L(ペア) サイドバッグ F530 (黄/イエロー)

f:id:Hakuto-MA:20190910143113p:plain

ORTLIEB(オルトリーブ) スポーツローラー フロントローラー クラシック (イエロー)

f:id:Hakuto-MA:20190910142617p:plain

ORTLIEB(オルトリーブ) アルティメイト6 クラシック F3110 ブラック M

f:id:Hakuto-MA:20190910162525p:plain

タナックス(TANAX) バイク用防水バック MOTOFIZZ シートバッグ タフザックD35 (ブラック) 容量35ℓ

 

テント、ウェア、靴

テントとマットはモンベル製。テントは少し重くなりますが、ムーンライトの二人用にしました。ムーンライトは設営や撤収が素早くできます。また二人用だと荷物をテントの中にしまえるので、雨の日でもシュラフや衣類を濡らさずに済みます。

f:id:Hakuto-MA:20190910163436p:plain

モンベル ムーンライトテント2型

f:id:Hakuto-MA:20190910164655p:plain

モンベル フォームパッド 120

シュラフは若かりし頃に使っていたダクロンの3シーズン用を繕って、洗って、撥水スプレーをかけて使うことにしました。合わせてシュラフカバーも引っ張り出して持って行きました。

 

ウェアは一部自転車用のものも持ちましたが、速乾性のものであればなんでもいいかな。とにかく荷物は最小限にして頑張って洗濯することにしました。

ちなみにサイクルパンツについて。

尻痛対策として、レーサーパンツ、パット付きのインナーショーツ、ショートパンツに取り外しできるパットがついたもの、これら3種類を用意しました。それぞれ一長一短はあるものの、快適性はレーサーパンツが一番だと思います。

 

靴はKEENのスポーツサンダル一つで通すことにしました。冬になる前に旅を終える予定なので。サンダルはキャンプの際にとっても便利です。このサンダルは爪先が覆われているので、爪先をぶつける心配もありません。急坂のチャリ押しでもなんとかなります。

f:id:Hakuto-MA:20190910144955p:plain

KEEN

 

なお、コンロはケチって安物を買い、失敗しました。ガスなのに火力が安定せずストレスが溜まります。危なくてとても室内では使えない代物でした。この点は気をつけたほうがいいです。

 

以上、主要な装備をご紹介しました。

感想については1ヶ月ほど旅したあとのものです。

旅の終了後では異なった感想を持つかもしれません。

あと、どうしても必要なものが出てきたら、途中で買うか、アマゾン等で注文しちゃいます。

 

自転車日本一周は若者が断然多いですが、おじさんチャリダーも勇気を出して飛び出しましょう。

ではまた。